サイトオーナーなら知っておきたいSEO対策の基礎知識

SEO対策

SEO対策とターゲット層の想定

SEO対策を考えてサイトを開設されている方は、おそらくどんな人がアクセスするのかを想定していると思われます。いわばターゲット層の存在ですが、ターゲット層について曖昧なままSEO対策をするのは好ましくありません。きちんとした想定をしなければならないのです。
想定とは、そのターゲット層がどのような人物なのかを細かく設定することです。大体このくらいの年齢で、性別も女性が多いだろう、というような曖昧さでは結局誰も寄り付きません。もっと絞り込んで、職業と家族構成はどうなのか、なぜこのサイトを開いたのかまで考えておく必要があるのです。
一見するとやり過ぎのように思えるかもしれませんが、もちろんこの仮想ターゲットがだけがサイトを訪れるわけではありません。もっとたくさんの幅のある人々がアクセスしますし、そうでないと伸びません。しかし、どんな人に向けて解説しているのかを明確にしておけば、SEO対策で必要なコンテンツが充実しやすいのです。
一度どんな人物がサイトを訪れてほしいのかを明確にし、SEO対策を成功へと導きましょう。こうしたイメージは鮮明にしておかないと、曖昧なコンテンツが乱雑に並べられるだけに終わりかねません。

SEO対策の内部リンク

リンクとは、何も外部のサイトからの被リンクだけではありません。内部リンクと呼ばれるタイプも存在し、被リンク同様とても高く評価される一因となります。SEO対策では、この内部リンクの出来もチェック項目の一つとなるため、慎重に用意していきましょう。
内部リンクとは、自サイトのページとページをリンクで表示する方法です。いわば外部サイトとの連携をサイト内だけで完結させる方法であり、関連性のあるコンテンツの行き来をしやすくする効果があるのです。こうすることで、単純にまずユーザーの使い勝手が向上します。関連性のあるコンテンツにいつでも移動できることは閲覧しやすい環境を整えるため、長くそのサイトを閲覧してくれるようになるのです。
また、検索エンジンからも評価されます。検索エンジンはユーザーと全く同じ視点で見ているわけではありませんが、サイトの使い勝手などを独自の視点から評価されます。その評価基準に見合う内部リンクを構成していきましょう。
内部リンクのあるサイトはやはり使い勝手が良いものです。自分のサイトを盛り上げるためには、こうした細かな気遣いがとても重要になるため、SEO対策でコンテンツが充実して来たら同時に内部リンクも展開していきましょう。これがSEO対策の基本になります。

SEO対策とキーワードの使い方

キーワードの選定はSEO対策は必ず行わなければならないほどの重要度がありますが、キーワードの使い方まで把握しなければ前に進みません。キーワードは決めて終わりではなく、いかに自然にコンテンツに混ぜられるかが大切なのです。ユーザーのみならず、検索エンジンも下手なキーワードの使い方には気付きます。
下手なキーワードの使い方の一例は、一コンテンツの中に過剰に入れ過ぎることです。自然にキーワードを入れていてはそうはならないだろうと思われるくらいの量を一度に詰め込み過ぎてしまい、SEO対策をしていてもやり過ぎと評価を下されるのです。また、ユーザーから見ても、なんだかわざとらしいなあと察してしまうかもしれません。
また、キーワードと関連性のある言葉は積極的に使っていきましょう。クローラーもキーワードを探しやすくなりますし、単語の構成がシンプルかつ分かりやすくなります。日本語の問題にもなりますが、正しく関連性のある言葉を使いましょう。
キーワードを上手に使うようにすることで、SEO対策は成功します。単語と単語の組み合わせであったり、比率が偏重してしまわないように注意を払いましょう。不自然なキーワード構成は、それだけで避けられます。

Article List